お金の知識

『金持ち父さん貧乏父さん』から学ぶ【お金持ちになる方法】


YouTubeでも話題になった『金持ち父さん貧乏父さん』

Twitterでches(チェス)様@ches_day_bootsに紹介頂き、実際に読んでみました。ご紹介ありがとうございます。

本書は「超」お金持ちになるための本です。

結論として、本書から学ぶべきポイントは2つです。

この2つを知るだけで、あなたの10年後の資産額に大きな差が出ます。

「金持ち父さん貧乏父さん」の概要

概要をさくっと説明します。

貧乏父さんは高い教育を受け、安定した職場に就職。

収入は多いものの、生涯を通じお金に困っていました。

対する金持ち父さんに学歴はありません。

しかし、自分の会社を持ち、お金の知識が豊富でした。

最終的に大富豪になる人物です。

本書では、2人の父さんが全く違う事を少年時代の著者に伝えます。

2人の違いに戸惑う著者。

しかし、金持ち父さんからお金の教育を受けたことで、お金持ちへの道を歩みます。

本書から学ぶお金持ちになるために重要な事は2つです。

資産を増やそう!

まず「資産」と「負債」の違いについて考えましょう。

本書での定義は以下の通りです。

資産は私のポケットにお金を入れてくれる

負債は私のポケットからお金をとっていく

この考えに基づくと家は「負債」となります。

家が「ポケットからお金をとっていく」とされる理由は主に3点です。

以上の理由から、家に多額のお金をつぎ込んでしまう事はNGです。

あなたは「負債」に多くのお金を使ってませんか?

負債につぎ込んでもお金は手元に残りません。

「資産」にお金を使いましょう。

本書では「資産」として、投資用不動産・株式等を推奨しています。

それらは「ポケットにお金を入れてくれる」存在だからです。

「資産」を増やして、お金持ちになりましょう。

以下のサイクルでお金持ちを目指しましょう。

お金持ちになるサイクル

①「資産」を増やす

②お金が増える

③余ったら「資産」を増やす

④もっとお金が増える

以下③④繰り返し

1級FPよいしょの意見

1級FPよいしょ
の意見

「まだ投資をしたことないけど、資産を増やしたい。」

そんなあなたには「つみたてNISAで投資信託」がオススメです。

世界全体・もしくは米国株への分散投資は投資デビューに最適ですよ。

自分のビジネスを持とう!

自分のビジネスを持ちましょう。

お金に苦労している最大の原因は他人のために働いていることです。

働いたら自分や家族が利益を得る仕組みを作ることが大切です

金持ち父さんは会社のオーナーになることを推奨しています

節税できるほか、会社が資産となり新たなお金を生み出してくれるからです

1級FPよいしょの意見

1級FPよいしょ
の意見

オーナーになる自信がなければ、副業から始めましょう。

注意点(投資の手法は学べない)

本書はお金持ちになる方法が、分かりやすく記された名著ですが、

投資の具体手法は学べません。

本書は「超」お金持ちになるための本です。

そのため、以下の考えには合いません。

『老後に備えて、資産運用を始めたい』

『家族のために、安定した運用が良い』

著者がお金を増やした方法は、以下の様な方法です。

Neko

意味不明。

Kuma

これらは、リスクをとって「超」お金持ちになるための投資なんだ。

著者も推奨している訳ではなく、手法を紹介しているだけだと言ってるから、分からなくてOK!笑

投資の具体的手法を知りたい方は、他の書籍を参考にしましょう。

投資初心者には山崎元氏の代表作『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』がオススメです。

以下のリンクから解説記事をご参考下さい。

投資を始める前に読むべき本 【お金の増やし方の入門書】 「図解・最新難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」 について解説致しま...

まとめ

「資産」はポケットにお金を入れてくれるもの。

「負債」はポケットからお金をとってしまうもの。

お金持ちになるには

「資産」を増やしましょう!

他人のために働いても豊かになれません。

自分のビジネスを持ちましょう

Kuma

『手に入れるものが「資産」「負債」どちらなのか』考えてお金を使おう!

補足(子育て世帯の皆様へ)

金持ち父さんは少年時代の著者に「お金の教育」をしました。

子供でも分かる様に、図を交えて、簡単に。

よいしょ

子を持つ親として、教え方が参考になりました!

『子供にお金の教育をしたいけど、何からすればいいか分からない

そんなあなたにもオススメです。

是非参考にしてください!

本ブログでは「お金を学びたいあなた」を応援しています

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

次回も一緒に学びましょう。

皆様もオススメの本があれば、ぜひ紹介してください!

1級FPよいしょ

ご意見など是非Twitterへお願いします!